beSexy

大人っぽくなりたい女の子のために。女の子にもっと魅力的に、セクシーになってもらうための情報サイトです。

処女の子向け

痛くない処女卒業の方法2018年度版

更新日:

今回は、2018年現在、実際に僕が処女の子を卒業させる際に行っていること全てを、18のステップに分けて公開いたします。
100名近い女の子の処女卒業をしてきたからこそのノウハウです。
この方法ができてから、現在までのところ、痛くて処女卒業ができなかったという子は1人もいない他、半数以上の女性が初Hで感じることができるようになっています。
ぜひ実践してみてください。

※書きやすさの都合上、男性目線になっています。ご了承ください。

ホテルに行くまでの準備

1.男性は爪を切っておくこと

ちょっと深爪なくらいにしておくのがベストです。そうしないと、万一、爪で引っかいてしまった場合に、女性がとても痛い思いをすることになります。

2.ブレスケアをする

キスの時に口がくさいと気分が盛り下がりますので、ブレスケアは必ずしておきます。ガムなどでもいいでしょう。
また、口が乾くと臭いがきつくなりますので、水分をとっておくのも大事です。
あと、当たり前ですが、匂いのきついものは食べない、あまり大量に食べすぎないなども気をつけます。

ホテルに着いてから〜シャワーまで

3,部屋を暗くしておく

部屋の中が明るいと、女性はどうしても緊張してしまうようです。
きれいな女性は明るいところでまじまじと見たいものですが、そこはぐっとがまんして、女性が落ち着けるよう、照明を暗めにします。
とはいえ、真っ暗にすると、会話もしにくいですので、ぼんやりと顔が見えるくらいの明るさにしておきます。

4.軽くお酒を飲む(20才以上のみ)

お酒を飲める年齢であれば、軽く1杯飲んでからスタートしましょう。
僕の場合は、チューハイを1本ホテルに買っていって、一緒に飲んでからはじめることが多いです。
お酒には緊張感を和らげ、リラックスさせると共に、女性の感度を高める働きもあります。

ただし、飲み過ぎは禁物。以前に飲みすぎて気持ち悪くなってしまった女の子もいました。軽い「ほろよい」くらいをめざしましょう。
また、体質で本当にお酒もダメな子もいますので、無理は禁物です。

あと、終わったあとやHの最中など、のどが乾きますので、ミネラルウォーターも買っておくようにしています。

5.良い雰囲気を作る

お酒を飲んでゆったりしても、すぐにシャワーにいくのはおすすめしません。
お酒を飲みつつ、軽くトークをしながら、少しずつエロティックな方向に持っていきます。
甘い言葉をささやくなどのメンタルな雰囲気作りと、キスや乳首責め、クリトリスへのタッチなどの肉体的な雰囲気作りとをあわせて行っていきます。
ある程度、愛液が出るくらいまで女性の雰囲気を盛り上げたところでシャワーに行ってもらいます。

※女性の膣にさわる場合には、必ず手を洗っておきましょう。僕は手を洗い忘れた場合、パンティーの上からしか触らないようにしています。

6.女性がシャワーに行っている間に部屋の準備をする

基本的には、女性にシャワーを先に浴びに行ってもらい、その間に部屋の準備をしておきます。

まずは部屋の証明をもう一弾暗くします。明るいところだと緊張してしまう女性が多いですので。
また、ローションやゴムなどはカバンから取り出して枕元に置いておきます。いちいちカバンまで取りに行って流れを止めないようにするためです。

なお、ホテルに行くのが初めての女性の場合には、ホテルに備え付けの髪ゴムを渡してあげるようにしましょう。

7.最速でシャワーをあびる

女性を待たせないよう、ささっとシャワーを浴びます。

愛撫&指での処女膜拡張

8.ベッドにて愛撫

ベッドでさらに愛撫をします。
愛液であそこがグチョグチョになるまで行います。

9.膣に指を1本入れる

ここからがポイントなのですが、いきなりペニスを入れようとすると、痛がってしまい入らないことが多いです。
なので、指を1本ずつ入れていくようにします。

まずは人差し指を1本いれます。
このとき、まず女性に「今から指を1本だけ入れる」ことを伝えてから入れること、そして処女膜にひっかからないよう、ゆっくりと入れていくことを意識します。

指が根本まで入ったら女性に最後まで入ったことを教えてあげるようにします。
そうすると、たいていの女性は「えっ?本当に入ってるの?」という感想になります。
指1本くらいだと、入っているのかどうかもよくわからない女性が多いようです。
これによって「膣に何かを入れるのはものすごく痛いんじゃないか」という女性の不安が一気に軽減します。

人差し指が入ったらいったん抜いて、次は中指を入れます。中指の方が少し、太いですが、これもゆっくりと入れれば、まったく問題ない場合がほとんどです。

ちなみに、この段階では、膣の中では感じないという女の子がほとんどです。

10.膣に指を2本入れる

今度は指2本を入れていきます。

この際のポイントは、なるべく細いところから太くなっていくように、2本の指を組み合わせることです。
具体的には、中指の腹側に、人差し指の爪側があたるような形で、2本の指を組み合わせます。

こうすると中指がまず入って、じょじょに人差し指も入っていくような形になりますので、少しずつ膣の穴を広げていくことができます。

そうやって2本の指で、処女膜を「広げて」いくわけです。

多くの人が誤解していることですが、処女膜にはもともと穴が空いています(そうじゃないと生理の時に血が出ないですよね)
なので、処女膜は「破る」のではなく「穴を広げる」ものなのです。

そのときに、いきなりペニスのような太いもので穴を広げようとするから痛いのです。
指を上記のように組み合わせて、少しずつ穴を広げていくことによって、ペニスが入る大きさまで、ほぼ痛みなく処女膜を広げることができるわけです

さて上述のように指を組み合わせたら、少しずつ膣に指を入れていきます。
その際、指にローションを塗るか、つばなどで濡らした方がすべりがよくて良いでしょう。

指を入れていく時のポイントは、とにかくあせらないこと。
本当にゆっくり、ゆっくりと、女性が痛くないかを確認しながら入れていきます。
2本の指が根本まで入るまでには5分近くかかることもあります。
その間も女性が感じる所を刺激してあげて、なるべく気持ち良い状態のままで指を入れられるようにします。

最後まで入ったら「最後まで入ったよ」と教えてあげましょう。
指2本がちゃんと入れば、たいていペニスも入りますので、あとちょっとだということも教えてあげるといいでしょう。

数分間は指を膣に入れたままで保持して、膣を慣れさせます。

10,指の向きを変えて、穴を均等に広げる

指が2本入っている状態に慣れてきたようならば、今度は指の角度を回して、処女膜の穴が均等に広がるようにします。

この時も「指の向きを変えるよ」と言ってから動かすようにします。
とにかく女性に対して、これから何をするのか、が分かるようにしてあげて、不安を感じなくてすむようにしてあげます。

指をまわす時も、なるべく痛くないように、ゆっくりと回すのが重要です。

11.いったん指を抜いて落ち着く

ここまできたら、いったん指を抜いて一息つきます。
女性の方も初めての膣への挿入に困惑しているでしょうから、ちょっと一呼吸おくようにします。

ペニス挿入

12.ペニスにコンドームを装着。ローションを塗る

一息ついたら、いよいよペニスの挿入です。

病気予防と避妊のためにコンドームを装着します。
この際、なるべく薄いコンドームの方が、ペニスの感触で膣の位置を確かめやすいです。

また、すべりを良くするためにローションを使います。
ローションはドン・キホーテのアダルトコーナーなどで1,000円ほどで売っています。
なるべく粘度が高いローションの方が使いやすいと思います。

ローションは、膣とペニスの両方にぬりましょう。

13.女性に正常位&カエル足の体勢をとってもらう

女性に仰向けになってもらい、足をカエルのようなポーズに開いてもらいます
その際、腰の位置が高くなるよう、足をなるべく上げてもらいます。

なお、以前は腰の下に枕を入れたりしていたのですが、位置調整が逆に難しくなるので最近はやめました。

14.指で膣の入り口の位置と向きを確認

その状態で、指で膣の入り口の位置を確認します。
また、どの方向に挿入したらよいかも、指を中に入れて確認します。

余談ですが、ここはかなり慎重かつ冷静にやるのですが、冷静になりすぎるとペニスがなえてしまうので、勃起を保ちながら位置を確かめるのにはいまだに苦戦します(笑)

15.挿入

ペニスの位置と角度を調整しながら挿入します。

指ですでに広げてあるので、ニュルンといった感じで入ることが多いです。
これで貫通です。おめでとうございます!

16.しばらく待つ

ペニスが入った後も、いきなり動くと痛がる子が多いですので、ペニスを入れたまま数分間は待ちます。

17.ゆっくりとピストン運動をする

女の子になれてもらう意味でも、ゆっくりとピストン運動をします。
ここでの目標は、感じてもらうことではなく、膣の中へのペニスの出し入れになれてもらうことです。

その上で、入れる角度を変えたり、クリトリスを刺激したりしながら、女の子が気持ち良い方法を見つけていきます。

18.気持ち良いところがみつかったら徐々に激しく

そうやっていろいろと試してみると「こうすると気持ち良い」というものが見つかったりします。
そうしたら、あとはその動きを続けることで、処女の子でも気持ち良い初Hができたりします。

女の子は、一度、気持ちよくなると、あとは正常位でもバックでも気持ちよく感じれるもののようです。
なのでその後は普通にセックスします。

ただ、処女膜を中心に傷がついている状態ですので、あまり激しい動きはしないように気をつけます。

※おまけ:騎乗位で女の子に動いてもらう

正常位で気持ち良いところが見つかればよいのですが、どうも処女の子の場合は性感が未発達なためか、ピストンをしても気持ちよくない場合もあります。
それどころか、ピストンをすると痛いと言われることもあります。

そこで騎乗位に移行して、女の子の方で気持ち良いところを自分で探してもらうこともあります。

具体的にはペニスを入れた状態のまま女の子を抱き抱えて、一度、対面座位へ。そしてそのまま自分が寝転がることで騎乗位へと移ります。
このとき、ペニスが抜けてしまわないように注意します。

騎乗位になったら、女の子に自由に動いてもらって、自分で気持ち良いところを探してもらいます。
最初のうちは動き方がわからない子が多いですが、いろいろ試しているうちに動けるようになってきます。

万一、ペニスが抜けてしまった場合には、再度、正常位からやり直します。
(もちろん女の子が騎乗位のまま入れられればOKですが、うまく入れられない子も多いので)

女の子が気持ちよいところが見つかるまでは、基本的に僕は動かないようにしています。

気持ち良いところが見つかれば、あとは女の子の方で勝手に動いてもらいます。
そこに合わせて腰を動かしたりすることで、ちゃんと気持ち良いセックスが処女でもできるようになります。


 

以上のようにすることで、痛くない気持ち良い初Hとなる可能性が高くなります。

特に女性がオナニーなどで性感帯が開発されていると、より気持ちよいHになりやすいです。お疲れ様でした!

-処女の子向け

Copyright© beSexy , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.